今私は20代後半なのですが、この話は20代前半の時の話です。この時初めて膀胱炎になったのですが、この出来事がきっかけで年に1度は膀胱炎を起こしてしまうようになりました。
私の地元は、温泉地として有名で、町の至る所に足湯があります。田舎で遅くまでやっているような遊び場もなく、地元の若い子達はよく夜中に足湯に行きます。当時の私ももちろん夏でも冬でもよく行っていました。
その日も友達と遊び行く場所がなかったので足湯に行きました。季節は冬でしたが、私の恰好は当時流行っていたワンピースにタイツを履きその上にショートパンツというスタイルでした。このままでは、タイツが邪魔で足湯に入れません。ワンピースで隠れるからいいや…と思い、ショートパンツとタイツを脱いで足湯に入りました。そのまま一時間ほど足湯で遊び、深夜に家に帰りました。帰ってすぐに、なんだか異変を感じ始めました。なんと表現してよいのかよくわからなく、でも何かが変で、トイレに行っても違い、気のせいか?と思い布団に入りましたが、何だかもぞもぞ、ムズムズする感じで寝られず…。その症状はどんどん悪化していき寝られず朝を迎えましたが、そのころには熱も出ていました。朝、母親に話すとそれは間違いなく膀胱炎!病院で点滴してもらうとすぐに良くなるから、病院に行きなさい。と言われ朝一で病院に…その時には尿意を感じてトイレに行っても、まったく出ず、一滴絞り出すような痛みに襲われ、血尿まででていました。熱も高熱に。
検査結果は、膀胱炎でしたが、足湯に行ったときに足湯から出ていた湯気に股が直にさらされ通常よりもひどい状態になったとか…。高熱でフラフラでよく話が頭に入ってきませんでしたが、間違いなく足湯が原因でした。
2時間点滴をし、すぐに熱も下がり、もぞもぞ、むずむず感は取れました。その後は処方された薬を必ず飲み切ってください!と言われ薬を飲みました。薬を飲み切る頃には、痛みもなく完全によくなっていました。
それからは、足湯に行ってもあんなことはしていません。今では冷えにも細心の注意を払い、膀胱炎対策をしています。

トリキュラー津藩