僕が始めて膀胱炎になったのは、小学6年生の時でした。しかも、おばあちゃんちでいきなり発症しました。膀胱炎ってどんな症状だかしっていますか??僕は鮮明に覚えています。おしっこをしようとすると、焼けるような痛みに襲われるのです。本当に焼けるような痛みなので一度経験した方は絶対に忘れないと思います。おしっこをしようとしても痛すぎてでない。逆に出そうとすると痛さで叫んでしまうほどでした。ほどなくして、両親に病院へ連れて行ってもらい、検査をされました。まさか両親の前でチンチンを丸出しにして診察をうけるとは思いもよらなかったですが。こうして検査の結果典型的な膀胱炎だということが発覚しました。しかも原因は、汚い手でチンチンをさわりすぎたとのことでした。当時の僕には手を洗うなどという習慣は全くなく、この時にまた衝撃を受けました。外から帰ってきて何気なくちんちんを掻いていたあの行為がだめだったようです。ほどなくして、抗生物質とだけいわれた錠剤をのみ、塗り薬はなかったと思います。錠剤でチンチンの痛みが取れるという奇跡を感じながら、その日はおしっこをせず、次の日の朝にはもう完全に治っていました。一日で治ることがわかっていなかったので、その日初めてのおしっこのタイミングは非常に緊張をしたことを今でも覚えています。膀胱炎二一度なると、その後も膀胱炎になりやすいという説明をお医者さん二されました。しかし、これまで一度も再発したことがなく、その点については安心をしています。ですが、家に帰って絶対にてを洗う習慣と、そとでは絶対二ちんちんを触らなくなったことだけは確かです。一度膀胱炎担ってしまったら、絶対にお医者さんにいってくださいね。
トリキュラー通販